BUMPと銀魂を特に愛でています でも、基本カオス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の意味で完結編

やっと観にいけました

デスノート the Last name

六月に公開された前編の後編であり完結編でもあるこの映画
これにより本当の意味でデスノートが完結されたということでしょうか
アニメはまだ序盤ですが、
デスノ関連の大きな動きという意味ではこれで一旦終了でしょうね
まぁ、DVD出るときにはまた大々的に宣伝するんでしょうけど

今年「デスノート現象」という大きな波を巻き起こした映画版デスノート
どんな結末が待っているのか
期待もあり不安もありということで観る前はドキドキしておりました

そんな前置きはさておき
以下、ネタバレ感想
まず全体的な感想からいうと・・

「期待していたよりはちょっと・・」ていうのが
観た直後の感想でした

正直前編の方がどんでん返しという点で面白かったなと
後編でそれが失速してしまったように思えました


「原作とは違う結末」という部分をハチ自身が期待しすぎたせいかもしれません
たしかに終盤は「おっ」という場面があったんですが
L勝利っていう結末はすごい嬉しいんですが(望んでたんですが)
先に名前書いてしまったから殺せないって原作で使ってそうで使ってないネタ
っていう意味ではすごい!と思ったんですが
その後は漫画の通りというか、ニアの言葉をLが喋ってるだけで
なんか繋ぎ合わせたように思えてしまって
映画デスノと漫画デスノは「デスノート」というアイテムこそ同じだが
中身はまったく別物であって
本当の意味で映画デスノのオリジナルの結末を用意していると思ってたので
リュークが最後に月の名前を書いて終わりという漫画通りの終わり方が
自分のなかでちょっと ちょっとだけ残念でした

前編でオリジナルキャラを出してそれをうまく使ってたから
後編もそんな感じを期待してたんです
後編は出来はすごいものだと思います 本当にうまくまとめたなと思うし
高田を第三のキラとして使うとは思ってなかったし
いい要素だけを抽出して2時間という尺のなかでよく収めたなと感心しますし
映画の内容としては申し分ないと思うんです
全てはハチの変な概念のせいなんです
妄想していたものと現実の内容で生じたズレから起る違和感なんです
途中からトイレ行きたくなって我慢のなかで映画観たせいなんです(最悪
月より先にあたしが死にそうでした
まさにチェックメイト!でした(言いたいだけ


はい、そんな素人の腐れ映画論はこれくらいにして
細かい感想は箇条書きで

・やっぱり松山ケンイチの鼻の下が気に入らない
+顔白すぎるのと所々変な動きが目についた(ボロクソ

・要らないシーン
「高田のセクシーショット」
「最後のほのぼの家族劇場」
「板尾」←演技うまいなー(笑

・瓶詰めの蜜にひたして作るみたらし団子とか
今回もLのおやつはうまそうだった
(そういう点では松山Lは頑張ったと思う

・ピーター(池畑さん)のレムがよかった

・「そろそろ時間です 一人にしてください」のL
なんか切なかった

・藤原月の悪顔 原作通りとはいきませんでしたがよかった


そんな感じでなんだかんだ言いましたが
やっぱり面白かったですね(どっちだよ
下手な映画よりはよっぽど

これによりデスノ完結
映画でも月は新世界の神になることは出来ませんでした
って当たり前か・・(笑
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ハチ

  • Author:ハチ
  • 好き
    BUMP ELLE 銀魂 ジャンプ 漫画
    映画 音楽 その他諸々

    ミーハー嗜好 ヘタレ 怠惰
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。